2018.03.05

スマートスピーカー(Google Home, Amazon Echo)向けのスキル・アシスタントアプリの開発ガイドライン要約を無償で公開

本日、スマートスピーカー(Google Home※1, Amazon Echo※2)向けのスキル・アシスタントアプリの開発ガイドラインの要約を無償で公開いたしました。

ビヨンドでは今年に入り自社サービスとして既に複数のGoogle Home向けアプリ(Assistantアプリ)とAmazon Echo(Alexaスキル)向けのスキルをリリースいたしました。

この経験を生かし、既にスマートディスプレイが販売されている米国など海外市場への遅れを取り戻し、市場を拡大させていくことが当社にとっても利益があると判断し、当社で独自に作成した開発ガイドラインの要約資料を公開することにいたしました。
本資料では、スマートスピーカー向けのスキル・アプリを構築・リリースするにあたり、それぞれのプラットフォームで考慮すべきデザインプロセスや会話型UIの設計、仕様ルールをとりまとめております。

スマートスピーカー 開発ガイドライン要約資料(SlideShare)


また、随時アップデートを行うため、アップデートの際にご連絡をご希望の方はフォームより、メールアドレスのご登録をお願いいたします。


ビヨンドでは、今後のスマートスピーカーの普及とライフスタイルの変化、法人様のニーズの変遷に柔軟に対応して参ります。

※1 Google Homeは、Google Inc.の商標です。
※2 Amazon Echoは、Amazon.com,Incの商標です。